×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株価について

先ほども述べましたように、株価は常に変動するもので、一日の最初に取引される株価を「始値」と呼び、一日の最後に取引された株価を「終値」と呼びます。


東証株価指数(TOPIX)、日経平均株価などがその有名なものとしてあげられますが、これならニュースなどを見ていてよく耳にする、という人も多いでしょう。
この利益を「キャピタルゲイン」と呼びまび、また、配当で得た利益のことを「インカムゲイン」と呼びます。株主は、株式の売買をする際に、買ったときの株価よりも、売ったときの株価が高ければ、利益を得ることになります。この四本値が、一日の株価の動きを知る上での重要なポイントになるわけですが、株価は変動するといってもそんなに急激なわけではありません。この利益とは逆に損失が出ることもあるわけですが、この株式の売買によって出る損失を「キャピタルロス」といいます。けれども中には一日の中で動くことのできる範囲で、暴落があるこ


やはり株は難しそうだと思われそうですが、こんなニュースでの報道に気に留めるのも、今から株に挑戦しようとする人にはいいのではないでしょうか。